https://netcolle.com/archives/418

ホラー映画は、怖いのは分かっているのですが、

ハラハラしたくてつい見てしまいますよね笑?

 

じつは私も極度のホラー映画ファンですが、

難しいのが作品探しです。好き嫌いが分かれる

せいか、レンタルショップなどでは置いていない

作品も多いのです。

 

ホラー好きの方からしたら

困りますよね?

 

好きな作品を見つけても貸出中に

なりっぱなしになっていることも多いようです。

そこでおすすめなのが『hulu』です。

 

ラインナップが豊富で、コアなホラー好きには

たまらないマニアックな作品を見つけることも

できます。ここでは、私目線で見たhuluの

ホラージャンルの作品をランキング形式で紹介

していきます!

 

私がおすすめするホラー映画3選・邦画

1位『呪怨』

呪怨

 

日本全土を恐怖に叩き落とした

『リング』の高橋洋監督作品。

今や国産ホラーの中心的役割を担う重要人物

だと言えるでしょう。

 

あらすじです。

呪怨は、大量殺人のあった民家で繰り広げられる

リアル過ぎる霊体験です。ストーリーもさること

ながら、映像・色あい・時間の流れ・音響、

とにかくすべてが神経に障る恐怖感!

 

どのシーンを切り取っても常に怖い

という恐怖映画の極地です。

 

日本のホラー映画が世界を席巻するきっかけを

作った作品だけに、完成度と説得力は抜群で、

再生した直後から世界観にずっぽりとはまり

込んでしまいます。

 

ホラーファン以外は閲覧注意な作品です。

 

中でも1番、背筋がゾッとしたシーンはこちらです。

↓↓↓

 

 

 

2位『怪談 新耳袋 ノブヒロさん』

 

あらすじです。

 

全国で調査・収集した怪談を映像化した

『怪談新耳袋』は、衛星放送で流されるや

いなや話題となり注目を集めました。

 

今作はシリーズ中でもトップクラスに

怖いと評判の一作。シングルマザーで

デザイン会社に勤務する、主人公の悦子。

 

取引相手の画家島崎ノブヒロにモデルを

依頼されたことから、徐々に親しい仲になっていく。

 

ある日、警察からの知らせでノブヒロが

亡くなったことを知るが、死亡推定時刻に悦子は

ノブヒロと会っていた・・・。

 

上質の映像美を作り出すことで評価の高い

豊島圭介がメガホンをふるい、主演には内山理名、

ノブヒロさん役には実力派の平田満が抜擢。

全編恐怖が充満するような緊迫感のある

ホラー作品です。

 

怪談 新耳袋 ノブヒロさんに興味がわいた方は

短いですが観てみてください。

↓↓↓

 

 

 

3位『神様の言うとおり』

神様の言うとおり

『悪の教典』『オーディション』で、

ジャパンホラーに一つの新しい方向性を

もたらした三池崇史監督。

今作は日本アカデミー賞受賞作品になります。

 

あらすじです。

 

 

殺風景でクールで残虐・・・

そんな三池ワールドを堪能することができます。

教室に唐突に現れるダルマ。

「だるまさんが転んだ」のスタートです。

 

問題無用に生徒を殺戮しはじめ、

そのままノンストップで殺人ゲームが

繰り広げられます。

 

明るく加工の少ない映像の中で

血飛沫が飛び散り、まるでモノを壊して

いくように生徒たちが犠牲になるストーリーは、

救いようのない恐怖と震えを感じてしまいます。

 

福士蒼汰、山崎紘菜、リリー・フランキー、

神木隆之介、前田敦子といった人気俳優を

ズラリとフューチャーしたことでも話題に

なった人気作。

 

神様の言うとおりのハラハラした

シーンです!

↓↓↓

 

 

私がおすすめするホラー映画3選・洋画

1位『エスター』

エスター

米国サイコホラーのロングラン・ヒット作品。

「アンノウン」「フライト・ゲーム」などのヒット作

を持つ、スペイン出身のジャウム・コレットが監督です。

 

あらすじです。

子供を流産した夫婦が、

孤児院から引き取った9歳の女の子エスター。

 

子供のわりにはしっかりとした素振りを

見せるエスターだったが、徐々に奇行を感じる

ようになり、うっすらとした不安と恐怖を感じ始める家族。

 

主人公エスターの隠された過去や、

徐々に明らかになる彼女の本性が暴かれ始めると、

ゆったりと恐怖が加速しはじめます。

 

悪霊も出てこないし、派手な猟奇シーンも

控えめな作品ですが、サイコホラーの真骨頂を

感じさせる秀逸さが魅力。

 

エスターの予告編はこちら

↓↓↓

 

 

2位『アナベル 死霊館の人形』

アナベル 死霊館の人形

 

あらすじです。

人気ホラー映画『死霊館』のスピンオフ作品。

アメリカ映画お得意の人形モノです。

隣家で起きた殺人事件に巻き込まれた主人公ミア。

 

ミアは妊娠中で、夫からプレゼントされた

人形を持っていたが、殺人犯がその人形を

抱いたまま自殺してしまった。

 

その後、無事出産を終え、

いわくつきの家からも引っ越して幸せな

生活が始まるはずだったが、あのときの

人形に異変が起き始める・・・。

 

監督のジョン・R・レオネッティは、

カメラマンとして長く映画に関わってきた

だけに、抜群の視覚技術を持っています。

理屈抜きにホラーの恐怖を体験したい人に

おすすめできます!

 

ナベル 死霊館の人形の予告はこちら

↓↓↓

 

 

3位『パラノーマル・アクティビティ3』

パラノーマル・アクティビティ3

 

あらすじです。

 

2007年に第一作が上映されるや、

一大ブームを巻き起こしたシリーズで

今作はその3作目です。

 

低予算で作られ、ドキュメンタリー風で撮影する

手法のくさ分け的な作品。アメリカ、サンディエゴを

起きた未解決事件がテーマで、ケイティとクリスティが

子供の頃に体験した恐怖体験が題材になります。

 

ホームビデオで撮影されたリアルで

生々しい映像から感じる、一種独特の恐怖感は

今作でも健在しています。

 

見終わった後には心の中に解消できない

十字架を背負うことになるでしょう。

 

パラノーマル・アクティビティ3の背筋の

凍るようなシーンはこちら。

↓↓↓

 

まとめです。

B級からメジャーものまで合わせると絶対数の多いホラー映画。

huluはバランスがよく、初心者からコアなファンまで満足できる

ラインナップが魅力です!

 

こちらの公式サイトからhuluの詳細を確認できます。

   ↓↓↓


   hulu公式サイトはこちらから